海が好き、サッカー好き、仏車好きの自己中blog


by m-planet-shining
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

クラブワールドカップ

《TOYOTAカップ》だと思っていたら、いつの間にか《クラブワールドカップ》に変わってた。

ま、呼び方なんてどーでもいい。

T社の車に、乗りたいモノは少ない(愚息には憧れのT社)けれど・・・
この世界の頂点を極めるワールドカップは素晴らしい!

去年から、世界規模になったけれど、ファイナルはやっぱり欧州vs南米。

私は、あのサンパウロFCを破ったインテル・ナシオナルに注目していた。
華麗なパスワークというよりは、根性と気合い、とにかくタフなチームだと思う。

ところが、鮮烈な世界デビューをした選手がいた。

プロになって、まだ1週間の17才・アレッシャンドロ。
まだ幼げなルックスだけど、さらにイケメンになるのは間違いない。
そう何年もかからずに、ミランのカカみたいにチャーミングなハンサム君になるハズだ。

・・・ん? 間違った方向に話が行ってしまった?

FWは点取り屋だ。
だから、ワンチャンスを確実にモノにしなきゃいけない。
DFがインターセプトして、中盤から出た貴重なボールを枠から外されちゃあチームのモチベーションも下がってしまう。

アレッシャンドロは、視野が広いし、ゴールも決められるし、数年後には確実にヨーロッパでプレイするのだろう。
次回、アフリカのW杯も楽しみだ。
19才のルイス・アドリアーノも足が速いし、しなやかな感じがイイ。

アルアハリ戦では、若い二人が活躍し、決勝ではベテランが素晴らしかった。

あのデコのミドル・シュート(枠にいっていた)に反応したキーパー。凄い!
フェルナンドンの調子がイマイチな様子だったけど、イアルレイの働きは素晴らしかった。
やっぱり、だてに《10番》を背負っているわけじゃない。

アルゼンチンのボカ・ジュニアーズで10番をつけたブラジル選手。
凄くないワケがない。


ファイナルは、後半戦からしかTV観戦できなかったが、充分満足な45分だった。

ブラジル・・・サッカーの申し子だらけの国で、世界にデビューできるのは何人いるのだろう?


果たして日本の17才はどうだ?
年末年始の高校サッカーに期待が高まる。

高校サッカーが終わったら・・・欧州CL決勝T!!

サッカーネタは尽きそうもないのダ(^o^)♪
[PR]
by m-planet-shining | 2006-12-20 00:00 | サッカー