海が好き、サッカー好き、仏車好きの自己中blog


by m-planet-shining
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

めぐぞークン、お帰りっ!


18日の土曜日にルノー藤沢から着信が数回入っていました。

・・・が、中学卒業後35周年の学年同窓会の最中。

当然、電話に出れる訳も無く、私、飲んだくれておりました。


翌朝、目が覚めると頭はガンガンするし、気分は悪いし、膝は擦りむけてるし、

最悪の状態・・・。


そこへ、ルノー藤沢さんから電話。


懇切丁寧に説明してくださいましたが、頭痛がひどく、脳は朦朧としていて、

肝心の話は右から左へフワフワ通り過ぎて行ってしまいました。


朧げながら記憶しているのは、

 ・車検時にオイル漏れしていたかどうか何とも言えないけれど、
  責任を持って点検、整備、修理しました

 ・エンジンストール、エンストについては「O2センサー」のコネクター
  にオイルが付着して正常に働かなくなってしまっていました

 ・O2センサーは部品代が高額なので当方で持ちますが、工賃はいただきたい


そして日曜の夜、めぐぞークンは帰ってきました。


日曜日は愚息一家が遊びにきていたので、川崎まで送っていく羽目になりましたが、

横浜横須賀道路〜首都高・横羽線(浅田)〜産業道路と往復130km無事に行って帰ってまいりました。

とりあえず、ひと安心といったところなのですが・・・ただ、燃費がとても悪い(9km/ℓ)のが気になります。


果たして、めぐぞークンはFBMに間に合いましたが、私の調子がよろしくありません。

二日酔いだと思っていたのは《風邪》だったようで、

鼻水がツツ〜っと垂れてきたり、寒気がしたり、だんだん酷くなりそうです。


しかしっ!

なんとしても行かなければっ!!

ええ、風邪は気合いで治すしかありませんわネ〜


最後に、納品請求書に記載されている作業内容を簡単に転記しておきましょう。

1.エンジンからオイル漏れ

  シリンダーヘッド周りからエンジンの下部なオイルが回ってしまっていたため
  洗浄後に点検。
    ↓
  ブローバイガスチャンバーとロッカーカバーとの隙間からオイルが滲み出ていた。
  また、ロッカーカバーの取付けボルトからもオイルが滲み出ていた。
    ↓
  ブローバイガスチャンバーを外し、シーリングやり直し。
  ロッカーカバーの取付けボルトを取外し、シーリング剤塗布。
    ↓
  再度エンジン各部を洗浄、オイル漏れ再点検実施

2.エンジンストール、エンスト、アクセル踏んでも吹けない

  エンジンコンピュータ診断実施
    ↓
  上流側O2センサー異常
    ↓
  センサーのコネクター内部にオイルが付着。接触不良の可能性あり。
    ↓
  洗浄実施。
  走行してみると吹け上がらない状態は解消。
  ただし、アイドリングは不安定なまま。
    ↓
  再度、各センサーの点検実施。
    ↓
  正常なクルマに対してO2センサーの出力信号の変化が少ない。
     ↓
  O2センサー交換。


これで、本当に治ったのかどうか・・・???

まぁ、何かあればいつでも連絡くださいと仰ってましたから。
[PR]
by m-planet-shining | 2008-10-20 23:49 | renault